HOME水道事業案内MENU水道事業の経営
このページの内容に関するお問い合わせ先
総務課 企画財政係 電話048-591-2775(代)

平成30年度予算のあらまし

  水道企業団では、水道事業基本計画(水道事業ビジョン)の『市民から信頼されつづける水道』の基本方針に基づき、計画的・効率的な水道施設の更新を実施し、健全な事業運営を維持しつつ災害に強い水道施設を整備して『安全』で『強靱』な水道の『持続』を目指します。

業務の予定量
区      分 予 定 数 量
総  人  口 141,630人
総  世  帯 61,440世帯
給 水 人 口 (区域外610人含む)  141,680人
給 水 世 帯 61,460世帯
普  及  率 99.6%
給 水 件 数 62,260件
配  水  量 15,667,300m3
有 収 水 量 14,451,100m3
有  収  率 92.2%

 
主な事業内容

○安全供給できる水道
  健全な水資源の確保のため、県営水道から県水を購入します。
  水質検査、水質状況調査をおこないます。
  配水管の洗浄作業をおこないます。

○非常時にも強靱な水道
 老朽化した石綿セメント管の布設替えを2.8Kmおこないます。
  配水管を新たに1.0Km布設します。
 川田谷浄水場の蓄電池の更新をおこないます。
 非常時に備え、災害対策用資材や補修材料等を購入します。
 災害時に備え、中丸浄水場に新たな出入口を築造します。

○効率的な事業運営と持続できる水道
  漏水調査を実施し、適切な管路管理をおこないます。
 空調設備を更新し、省エネルギー化を図ります。
 浄配水場の管理業務や水道料金徴収業務等を委託し、業務の合理化を図ります。
 漏水多発地区の配水支管を整備し、有収率の向上を図ります。
 企業会計システム及び水道料金システムに対し、元号変更対応のためのシステム改修をおこないます。
 水道料金のコンビニ収納をおこないます。


 
 

収益的収支予算
  みなさんからお支払いいただいた水道料金を主な収入とし、水道水をみなさんのご家庭までお届けするための予算です。
  県に支払う受水費、施設の維持管理費としての修繕費や人件費、国などから借入れたお金の支払利息などがあります。


○収入  30億7,501万円
○支出 27億 846万円





資本的収支予算
  みなさんに安定した給水を続けるために、施設の更新や配水管網の整備、国などから借入れたお金の返済に要する予算です。

○収入   1億 203万円
○支出 14億3,992万円






   
PDF  平成30年度 桶川北本水道企業団水道事業会計予算書

Get Adobe Reader
※PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない場合はインストールしてください。(Adobe ReaderはAdobe社より無償配布されているソフトウェアです

ページTOPへ